抜けだすことを前提としたパーティーにお呼ばれされたい

さよならパーティー。もう抜けようよ。だってこんなのつまんない。

タモリさん公認の「タモリカレー」を作った

タモリさんが好きです。 f:id:ui0723:20140213000029j:plain

物心ついた時から笑っていいともが好きでしたし、9・11の同時多発テロが発生した瞬間もタモリのジャングルTV(←なつかしい)見てて、突然映像が切り替わってニュースキャスターが「大変なことが!大変なことがアメリカで起こりました!」って言ってあの衝撃の映像が流れても『おい!そんなことよりジャングルクッキングはどうなったんだ!タモリ出せ!タモリ!』って言ってた記憶があります。

 

そこで先日、カレーが食べたくなったので何年かぶりにタモリさんのカレーを再現してみようと思いまして。

タモさんの手料理なんて最低でも笑っていいとものレギュラーにならないと食えないと思ってたんですけどね。タモさん公認のレシピが公開されてるんです。 

f:id:ui0723:20140209203807j:plain

↑レシピ

それで、今回は「なるべく忠実に作ろう」と。

と言うのが、ネットで検索すると山ほどレポが出てくるんですけど、ちょっと違うんですよね。

おおまかな作り方は一緒なんですけど、材料なんかが公式とは違うんですよ。

致し方ないことだと思うんですけどね。カレーって何かを加えたりしてオリジナルでやりたくなるから。かくいう僕も、何年か前に一回作ったことあるんですけど、何か余計なもの入れ過ぎて別物になっちゃったんですよね。

でもタモさんの持論は 「カレーは引き算」なんですね。複雑にせずに、再現性を重視してるんです。

きっと試したと思うんですよ。山ほど様々な材料や調味料を。それで、試行錯誤して完成したのがタモリカレーだと思ったんですよ。

だから、今回は「なるべく本物に忠実に」をテーマに再現しました。

※ちなみに公式レシピはこちら(ほぼ日のカレー部例会)から。 

まず用意するのがこちら。

f:id:ui0723:20140209174710j:plain

ビール。 

タモさん「ビール飲みながらじゃないと美味しいカレーはできない」

そうかー。じゃあ飲むかー。タモさんが言うならなー。しょうがないなー。

 

カレーに入れる食材がコチラ。 

f:id:ui0723:20140209204117j:plain

 鶏のもも肉のみ。野菜が無い。

こちらを適当に切ってクミンとターメリック、カレー粉を揉み込みます。

f:id:ui0723:20140209205608j:plain

すごい粉感。一気にスパイスの香りが広がりテンションが上がります。

f:id:ui0723:20140209210558j:plain

 ジュッと。焼きしめます。

焼きしめる、という日本語の使い方が合っているかどうかわかりませんが、僕は「焼きしめる」という日本語が大好きです。 

f:id:ui0723:20140209205314j:plain

今回使うのはこのカレー粉。インデラ・カレー。

タモリさんのこだわりです。素晴らしいジャケットです。

スーパーに売ってたらジャケ買いできるレベルです。 f:id:ui0723:20140213000349j:plain

このロゴが素敵。「トレードマーク」って書いてますね。

トレードマーク。何となく懐かしくて心地いい言葉ですね。

いつから僕たちはズボンをパンツと呼び、ホットケーキをパンケーキと呼び、トレードマークをロゴと呼ぶようになったんでしょう。

f:id:ui0723:20140213000445j:plain

スパイスいっぱい。

f:id:ui0723:20140209210735j:plain

 お米&カレーの水はアルカリイオン水を使用。これは(いるかな?)と思ったのですがタモさんも使ってるということなので用意しました。

それに、水道水よりはいいかと思いまして。

「水道水で作ったタモリカレー」ってなんか残念ですもんね。

水道水ってすごい残念にしますね。言葉の響きが。普通に使うものなんですけどね。

「お母さん自慢の水道水で作ったシチュー」

残念です。

 

1リットルのアルカリイオン水のお湯に先程の焼きしめた鶏肉を入れまして煮込み、そこにミキサーにかけたホールトマト、赤ワイン、マンゴチャツネを入れます。

f:id:ui0723:20140209211401j:plain

ホールトマト75g。今回は各調味料のグラム数までしっかり守ります。

200gの缶が一番小さかったので残りの125gの扱いに困ります。

f:id:ui0723:20140209211036j:plain

左がタモさんこだわりのマンゴチャツネ。

マンゴーをジャム状に煮てにスパイスを色々入れたものです。これだけ食べてみるとマンゴーをジャム状に煮てスパイスを色々入れたような味がしました。

昔作ったタモリカレーの再現度が低かったのはこの辺の調味料を入手できなかったからかもしれませんね。何せ普通のスーパーには売ってない。今は大人だから買える。

 

鍋の様子を見ながらフライパンで炒め玉葱(先程の写真の右のやつ)、ヨーグルト、にんにく&しょうが、クミン&ターメリック、カレー粉、牛乳を入れてペースト状になるまで炒めます。

f:id:ui0723:20140209213607j:plain

この写真撮ってるとき、なんか急にむなしさに襲われました。

一人で、僕は、キッチンで、デジカメ片手に、牛乳を入れる瞬間を…何を、何を…して…

 

ちなみに炒め玉葱のビン詰。タモさん絶賛の逸品。

そのまま一口食べてみたんですが奇跡的に美味いです。

焼いた肉にこれをちょっと乗せて食べるといいと思います。 f:id:ui0723:20140209213900j:plain

しっかりと炒めるとペースト状に。ちょっとこげてる方がいいと思います。テレビで「こげは味付けの一種」って言ってましたから。 f:id:ui0723:20140209214218j:plain

鶏肉を煮込んでる鍋にこの茶色の物体を投入し、醤油、砂糖、塩、とろけるチーズを入れてさらに煮込みます。

 

なんとここから約2時間煮込みます。

f:id:ui0723:20140211212508j:plain

 鶏肉がホロホロの繊維状に。

 

こんな感じになったら味見しながら塩で味を調節して最後にガーっと強火で煮込みます。

 

これでカレーは完成なんですけど、タモリカレーにはマッシュポテトが必要らしいです。

f:id:ui0723:20140211213215j:plain

 じゃがいもチンして皮をむいて牛乳と塩とカレー粉を入れてマッシュ。マッシュ。

 

完成。タモリカレー。

f:id:ui0723:20140211213437j:plain

 

接写。タモリカレー。f:id:ui0723:20140211213543j:plain

野菜の入ってないカレーの写真って正直イマイチですね。彩りが無い。

 

それで、タモリカレーは食べるときのルールがあって、全てを完全に混ぜ合わせて食べるんです。

タモリさんいわく混ぜない奴は死刑らしいです。

スプーンでカレーとライスを丁度良い感じにすくって食べるのは「形式美」であって、そんなに気取らずに食べてほしい、とのこと。 

f:id:ui0723:20140211213630j:plain

 

ガーっと。

 

で、味ですが、めっちゃ美味いです。

一口目は(こんなもんかな)(ちょっと甘いな)って思うんですよ。悪く言うとインパクトが少ない。でも食べれば食べるほど美味しく感じるというか、不思議な美味しさを持ったカレーです。

この感想、タモリカレーを実際に食べた人がみんな同じこと言うんですけど、本当にこの通りなんですよ。不思議。

僕なんか、正直なところ一口目はがっかりしましたもん。でも、最終的には素晴らしく美味しいカレーなんですよ。

あと、余計なことを考えなくてもいいんです。全部混ぜてるから。

カレー食べてるときって意外と色々考えてますよ、きっと。

(カレーと米のペース配分はこれでいいな)とか(次はニンジン食べようかな)とか(じゃがいも少し固いな)とか。

タモリカレーは思考を味に集中できる。

 

僕の個人的な意見ですけど、おいしいカレー屋さんの条件って「後日、無性にその味を食いたくなるか」だと思うんですけど、タモリさんカレーは間違いなく数週間後に無性に食いたくなる味でした。

そして、このカレーをベースに自分流に色々加えるのが正解なんだと思うんです。

タモリさんも「辛いのが好きなら食べる前にガラムマサラ振って食べるといいよ」って言ってますし。

 

ロケットニュースデイリーポータルでも公開されおります。

 

タモリさんへ

30年以上続いた笑っていいともが来月で終わりますね。

タモリさんの名言「健康のためなら死ねる」

タモリさんの名言「おふくろのカレーが一番うまいと言い男を、私は信用しない」

僕が時々パクるタモリさんの名言です。

そういった意味ではタモリさん、私も、あなたの、作品の一つです。

 

 タモリさんに敬愛を込めて。

 

 

 

 

孤独だから大晦日は一人でカレー作ってた

あけましておめでとうございます。

みなさま、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。

田舎に帰省した人、恋人と過ごした人、友達と過ごした人。100人いれば100通りの年越しがありますよね。

僕はといえばカレーを作って過ごしました。

料理好きなんですけどね、普段なかなかやれないので、決めていたんですよ。カレー作るって。あと孤独だから。

今回は30歳独身男性が孤独にカレーを作るだけのブログです。

 

 

まずはスーパー。

スーパー、正月仕様なんですよ。完全に。

f:id:ui0723:20131231164417j:plain

なんすか1万円の缶詰って。この先の人生で食べる機会無いんじゃないですかね。

f:id:ui0723:20131231172632j:plain

 お刺身コーナーもご覧のありさま。

「帰りな。大晦日に孤独なヤツには用は無いぜ」そんな声が聞こえます。

(でも、驚いたのが男性一人で買い物来てる人、けっこういらっしゃるんですよね)

 

まずは野菜。

カレー上手な友人から「モロヘイヤをミキサーで粉砕して入れると非常にうまいからやってみそ」という情報を得たので早速モロヘイヤを買おうとするもお取り扱い無し。

代わりに幅を利かせていたのはコイツ。

f:id:ui0723:20131231165528j:plain

なんすか正月菜って。完全に初対面。正月菜童貞。

正月だし、モロヘイヤの代打は正月菜を採用。

そして今回お呼ばれされたお野菜たちがこいつら。

f:id:ui0723:20131231182418j:plain

玉ねぎ、人参、セロリ、正月菜、トマト、ピーマン、アボガド。

アボガドはカレー上手な友人の「キウイを粉砕して裏ごしして入れると美味い」という情報を元にキウイを探すも品切れだっため代打で登場。見た目(外観)が一番キウイに似ているから。

さて、お肉。

正月だし奮発してステーキ肉でも買って行こうかと思っていたのですが

f:id:ui0723:20131231171833j:plain

選択肢、ナシ。

残されていたのは「国産すき焼き用牛肉」「国産しゃぶしゃぶ用ブタ肉」などの高級品(しかも大容量)のみ。

「正月にカレーなんか作ってんじゃねーよぼっち野郎」そんなメッセージすら感じます。

f:id:ui0723:20131231190614j:plain

残っていた肉の中から鳥のモモ肉をチョイス。

「お正月、一緒に過ごしませんか?」の一言が言えないチキン野郎にはお似合いです。

(カレー、どうやったら美味くなるかな)って考えてスーパーウロウロしてたんですけどね

f:id:ui0723:20131231171115j:plain

 1食800円とかのレトルトカレーを隠し味に使ったらめっちゃ美味くなりますよね。

f:id:ui0723:20131231172235j:plain

あとは680円のブイヨンのパウダーとか

f:id:ui0723:20131231172246j:plain

165gで840円のフカヒレスープをベースにしたらめっちゃ美味くなりますよね。(買ってないですけどね)

f:id:ui0723:20131231170942j:plain

 グッドデザインなボルシチ。特に「ツンドラ」の書体が最高ですね。

f:id:ui0723:20131231165132j:plain

 スパイスって勉強しないと何がいいのか全然分からないですよね。

f:id:ui0723:20131231170524j:plain

この辺なんかインコのエサにしか見えないですもん。

f:id:ui0723:20131231172407j:plain

サラダは作る気が無かったのでお惣菜をチョイス。

このポテトサラダ、普段より20%増量なのにレジで2割引きなんですよ。

合計40%のお得?で合ってますかね?

 

使えそうなモノをチョイスしてお会計。

f:id:ui0723:20140107140021j:plain

高っ!!

7000円て!

みかんとかも買いましたけど、それにしても調子に乗り過ぎましたね。ここのスーパー高いんですよ。モノがいいんでしょうけど。(レシートにも「トマト」は「感激トマト」、「ピーマン」は「ミネラルピーマン」って何かと付加価値ありますもんね)

 

ここから作り始めます。

まずはプシュッといきますよね。今回のカレーにはジャガイモには遠慮いただいたのでつまみにはフラポテをチョイス。ビールも普段はクリアアサヒで大満足なんですけどエビス様を召喚。

f:id:ui0723:20131231182256j:plain

ササッと行きます。

f:id:ui0723:20131231185819j:plain

セロリの茎2本&玉ねぎ3個を炒めてf:id:ui0723:20131231193305j:plain

くたくたの飴色に。この時点でかなりの満足感。もしかしたら、これがしたかっただけかもしれません。

f:id:ui0723:20131231193724j:plain

ピーマン&玉ねぎ&人参も炒めまして

f:id:ui0723:20131231191303j:plain

モモ肉は別でしっかりパリッとするまで焼きしめます。いいでよね「焼きしめる」っていう日本語。大好きです。

モモ肉に何やらふりかかっている粉。

f:id:ui0723:20131231190959j:plain

セージ。海の物か山の物か分かりませんけど今回はセージに運命を託しました。

 

肉と野菜を合わせて

f:id:ui0723:20131231193930j:plain

トマトソースを。「下ごしらえずみ」とのこと。これは、本当に何となくです。

そしてスペシャルゲストをお呼びしましょう。

f:id:ui0723:20131231193752j:plain

烏骨鶏スープ。270gで525円。

 

この時点で…

f:id:ui0723:20131231194238j:plain

かなりいい感じ!!もはや美味くなる予感しか、無い。

f:id:ui0723:20131231194010j:plain

忘れていましたが、ここで正月菜&セロリの葉。

f:id:ui0723:20131231194328j:plain

ギュイーーーーーーーーーーン、と。

f:id:ui0723:20131231194426j:plain

…いざ

f:id:ui0723:20131231194433j:plain

青汁プッシャーーーーーーーッ!!!

 

 

ん?

ん?

んんん?

f:id:ui0723:20131231195211j:plain

何か…思っていたよりも…何て言うか…緑色と言うか…ピッコロっぽい…もっとハッキリ言うと…不味そうだぞ…

 

掃除してない時の家の水槽とか春先の学校のプールとよく似ている。

 

カレー上手な友人に報告したところ「えっと、とりあえず…アボガド、止めましょうか」とのこと。

 

この緑色のピッコロ汁には触れてくれない。

 

 

f:id:ui0723:20131231195620j:plain

ここまでにビール2本、冬柑チューハイ1本を空けて麦焼酎2杯目だったんですよね。

少し、と言うか普通に酔っぱらってたんですよね。

「ちょっとずつ入れる」という判断が、できなかったんですよね。

 

 

緑色に困惑しているところに

f:id:ui0723:20131231195313j:plain

救世主!!

見た目はアレでしたけど彼らを投入すると

f:id:ui0723:20131231200427j:plain

めちゃくちゃ美味そうなカレーに!!!

もはや別人!!劇的ビフォーアフター!!

ここまで来た所でいったんカレーは完成!!!

 

 

f:id:ui0723:20131231201937j:plain

まあ、この日はそば食べました。だって大晦日じゃないですか。

 

 

その後、色々と予定があり、結局カレー食べたの1月2日の夜なんですけどね。

f:id:ui0723:20140103145359j:plain

f:id:ui0723:20140103145406j:plain

(この両面焼いた卵、名作ですよね。これ見よがしに卵の上に乗ってる葉っぱはピザーラでピザを買うと付いてくる袋に入ったあの葉っぱです)

 

カレーは、もう、めちゃくちゃ美味かったですよ。

間違いなく自分史上最高傑作でした。

 

米も山形のつや姫を定価10万オーバーのタイガーさんの炊飯器で炊いてやりましたから。

 

あと、これは余談なんですけど、糸井重里さんが本能カレーで「これより美味しいカレーもあるかもしれないけど、いいんじゃないかな。これはこれで」っていう感想を言うんですけど、僕も毎回自分に同じことを言い聞かせます。毎回最高の出来なんです。

 

冒頭に述べました通り独身男性がカレーを作るだけのブログとなりましたが、今年もこっちのブログは月に2回前後、あっちのブログは月に1回の更新目安に細々と頑張りますので、カレーが好きで美脚の女子がいたら結婚しましょう。

 

 

それでは本年度もよろしくお願いします。

太洋ビルの外壁の改修が終わった!

12月30日。

年の瀬です。もちろん仕事納めは完了しておりますが、僕は今、会社にいます。

セコム「会社でエラーが出てます」

という連絡を受けセコムキーを持つ人の中で唯一シラフだった僕が駆け付けるハメに。

連絡来た時に「シラフですけど?」と言ったあの時の自分をぶん殴ってやりたいです

どうやらセコム装置の不具合らしく工事で1時間ほど会社にいなくてはいけない状態。

とにかくやることが無い。

というわけで怒りのブログ更新です。

 

良いニュースがあります。つい先日、長かった太洋ビルの外壁の改修が完了しました!!

…………僕だけですね。嬉しいのは。

僕、先日のブログでも大阪の「純喫茶アメリカン」を紹介したように古い建物が好きです。

廃墟も好きです。理由はレトロ建築や廃墟は今から作ろうと思ってもすぐに作れないからです。何十年もの年月が経過してはじめて「レトロ」になり「廃墟」になるからです。

とくに廃墟の「人間が作ったモノがゆっくりと自然に帰っていく感」は本当に美しいと思います。

 

古い建築とか好きな人にはそれなりに面白く、興味の無い人にはどうでもいい内容ですね。

 

というわけで太洋ビル。名古屋市東区。僕の会社から自転車で数分の距離。

改修中の姿がコチラ。木々の様子からまだ秋だとわかりますね。

f:id:ui0723:20131127142104j:plain

このベールに包まれた感じ、わくわくしますね。しませんか?しませんよね。

改修後の姿がこちら。

f:id:ui0723:20131227144402j:plainキレイに仕上がってますね。素晴らしいです。中央のチョコンとしたバルコニーが素敵です。

エントランス。

f:id:ui0723:20131227143258j:plain

「貸事務所」とありますがこのビルを管理する太洋商工株式会社さんはビルを貸したりする会社さんです。僕も起業の際はお世話になる予定です。

f:id:ui0723:20131227143357j:plain

窓。探偵事務所っぽい雰囲気がたまりません。

f:id:ui0723:20131227143440j:plain

エントランスに入って外を見た景色。

1階。

f:id:ui0723:20131115132532j:plain

f:id:ui0723:20131115132633j:plain

f:id:ui0723:20131227144253j:plain

f:id:ui0723:20131115132449j:plain

f:id:ui0723:20131115132844j:plainこの喫茶店、会社の人は存在を知らない貴重な存在でよくここに逃げてます。

f:id:ui0723:20131227143521j:plain

エレベーターのボタン、かっちょいい。

上階。

f:id:ui0723:20131227143603j:plain

写真では伝わらないですけど、人が結構居て活気があります。

友達がこのビルに入居しているデザイン会社に勤めてるんですけど「他の会社、何の会社かイマイチわかんないけどおしゃれな人が多い」とのこと。

f:id:ui0723:20131227143607j:plain

 血管のように様々な管が伸びてます。最高です。f:id:ui0723:20131227143630j:plain

うねうね。管うねうね。

f:id:ui0723:20131227143548j:plain

右往左往。管右往左往。

f:id:ui0723:20131227144140j:plain

この部分、ベスト管オブ太洋ビル。最高です。抱かれたいですね。

 f:id:ui0723:20131227143753j:plain

f:id:ui0723:20131227144111j:plain

どのドアも開くときに「ギィ」っていうんですよ。最高にかわいいですよね。

f:id:ui0723:20131227143649j:plainコンコンッてノックするやつ。なんですかこのフォルムは。かわいこぶりやがって。

f:id:ui0723:20131227143925j:plain

床は一部が木造。歩くと「ギシ…ギシッ」と音を立てます。ちくしょう持ち帰りたい床だな。

f:id:ui0723:20131115133012j:plain

f:id:ui0723:20131227143855j:plain

f:id:ui0723:20131227143909j:plain

これらのフォントも大変魅力的。「7」の長い棒が途中からクイッと曲がるあたり最高にセクシーだ。

f:id:ui0723:20131227144515j:plain

これは帰りがけに外壁の足元で見つけた床下の通気口。

これはいますね。

あいつが。

 


それでは皆さん、よいお年を!!

 

 

 

大阪の変な所に行って来た ~またまたカレーと本屋さん~

またまた大阪の続きです。大阪編ファイナルです。

 

純喫茶アメリカンレトロ建築物欲求を満たし、向かった先はこちら。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

f:id:ui0723:20131218232539g:plainご存知の方は「今さらかよ」と思われるかもしれませんが未体験の方は超オススメです。

大阪でセキスイハウスと【会話のある家】という名前でタイアップしてました。

夜の山に置いてきぼりにされた過去を持つ僕は暗闇に対しては人よりも恐怖心が強いですが「暗闇は怖くない」「暗闇好き」「暗闇抱いて」と思わせてくれます。

f:id:ui0723:20131217123609j:plain

本当に何も見えない闇を視覚障害者の方に案内していただき、あんなことやこんなことをします。

大阪3500円、東京は5000円(!)ですがオススメです。

未体験の方はこの冬、大切な人と一緒に行きましょう。

特にデートは重ねているけど次のステップに行かずに悩んでいるキッズ、マンネリ夫婦に特にオススメです。

 

ちょっと欲しいものがあってスタンダードブックストア(「本屋ですがベストセラーは置いてません」がキャッチコピーの本屋さん)へ行くも目当ての本はソールドアウト。

代わりに買おうとした大竹伸朗さんデザインのTシャツ(なつかしい!)もサイズ無し。

※帰宅後に通販で色違いで2着購入

f:id:ui0723:20131214161730j:plain

 

知らぬ間にこんな新作も出てたんですね。

f:id:ui0723:20131214161749j:plain

手書きフォント大好き。

f:id:ui0723:20131214161740j:plain

 

 

そしてまたカレー。

昼にニューライトのセイロンライス食べたんですけどね。

最後の晩餐にはカレーを食べておかわりをすると決めている男は1日2回のカレーなんて通常運転です。

 

住宅街の中にひっそりとございます。

f:id:ui0723:20131214170222j:plain

モリ商店。ルーが無くなると閉店するのでご注意を。

f:id:ui0723:20131214170157j:plain

ただただ美味しゅうございます。

f:id:ui0723:20131214164745j:plain

 

もう1件本屋さんへ。

目当ての本屋さんの手前に味のある古本屋さん。

f:id:ui0723:20131214191236j:plain

f:id:ui0723:20131214191213j:plain

時間がアレだったので今回はお邪魔せず。

目的地の本屋さん、この奥にあるそうですが本当にあるんでしょうか。

f:id:ui0723:20131214200053j:plain

左右、見事なシャッター街ですが昼間は開いてるんでしょうか?

f:id:ui0723:20131214191710j:plain

ポツン、と開いてました。

f:id:ui0723:20131214191742j:plain

 自費出版の本とCD「シカク」

f:id:ui0723:20131214192136j:plain人懐っこいニャンタがお出迎え。触っても怒られない。嬉しい。

カメラを向けると左手をチョットだけ上げてくれます。かわいい。

f:id:ui0723:20131214193018j:plain

 自費出版の本やCDが中心。

こんだけTwitterFacebookというSNSをはじめとしてNaverまとめなどの情報発信サイトが氾濫する時代に、自費で本を出すというスタンスが大好きなんですよね。 

買った本の一部です。

f:id:ui0723:20131220002821j:plain

【一行怪談】

f:id:ui0723:20131220002849j:plain

f:id:ui0723:20131220003153j:plain

f:id:ui0723:20131220003733j:plain

素晴らしい。おしゃれ怪談ですね。

続いてはこちら。

f:id:ui0723:20131220004356j:plain

【えまにあん】【えまにあん2】

全国の絵馬を収めた一冊。神頼みって最後の最後の手段だと思うんですけど、絵馬には様々な秘め事や本音が綴られるようです。

f:id:ui0723:20131220004955j:plain

Hey!Say!Jumpの山田君逃げてーーーーーーー!

f:id:ui0723:20131220004931j:plain

これはガチでアレななつですね。

呪われたことのある身としては他人事に感じない部分もありますよね。

こちらは建築関係。

f:id:ui0723:20131220003845j:plain

【よく分かるエアコン配管観察】その名の通りです。

エアコンの配管に注目することなんでないじゃないですか。だからいいんです。

(この人何言ってんの?)って多くの人は思うでしょうが僕はこの良さが分かります。

エアコンの配管とかトマソン建築とか古い喫茶店とか好きな身長160cm前後で美脚でボブカット女子がいたら結婚してください。

 

他にも数冊買い込みましたが別の機会にご紹介します。

 

最後の最後に、カレー屋さん。本日3件目。好きなパンマンはカレーパンマンですから。

f:id:ui0723:20131214205019j:plain

雑居ビルの2階でひっそり営業。

f:id:ui0723:20131214205054j:plain

カレー&バー。ニドミ。

f:id:ui0723:20131214212449j:plain

 オシャレおつまみとお酒。最後にカレーを食べるお店。

f:id:ui0723:20131214211400j:plain

 カレーよりキュリーと呼ぶ方がしっくりする味付け。f:id:ui0723:20131219214406j:plain「ピクルスとスモークつまみにビール。スパイスカレーで締め」

おしゃれですね。だって「カレー屋で一杯飲んで行こうよ」なんて大人じゃないですか。

僕の中のベストおしゃれご飯「おでんと天ぷらつまみに日本酒。最後に蕎麦」に迫るオシャレ加減です。

 

全3回にわたりお送りしました大阪シリーズ。

こうやって見るとほぼカレーと本屋しか行ってないですね。

 

3回に渡り書いたブログで僕が伝えたかったことは「僕はカレーが好き」ということです。

 

カレーが好きな長澤まさみ似の身長160cm前後で美脚でボブカット女子(貧乳可)、結婚しましょう。

 

 

大阪の変な所に行って来た ~変な個人宅とレトロ喫茶~

前回の続きです。

 

ニューライトのセイロンライスで腹を満たし心斎橋から道頓堀のあたりをフラフラしていたところ、何かの施設(民家?)を発見。

f:id:ui0723:20131218161602j:plain

f:id:ui0723:20131217203500j:plain

f:id:ui0723:20131218162627j:plain

 なんかいらっしゃいますね。

観ればトラウマを約束される映画「SAW」のジグソー先生?ですかね。

もしくはダークイナイトのジョーカーさんでしょうか。

(SAW見たことない人はこれがいいきっかけです。観ましょう。一緒のトラウマを一生共有しましょう)

このお宅の表札がこちら

f:id:ui0723:20131217205133j:plain

(※個人宅っぽかったので一応お名前部分は伏せてあります)

表札に「ひさしぶり」のご挨拶。

おしゃれな外壁、一等地に一軒家、たぬき、ジグソー、ひさしぶり。

何をどう考えてもこれらの点は線にはなりませんね。

f:id:ui0723:20131214115949j:plain

道中の道頓堀ホテル。どうやら有名らしく皆様顔色一つ変えずにスルーしてました。

友達も「めっちゃ有名」と言うのでに「誰これ?」と聞いても「さぁ」の一言。

東京生まれの人は東京タワーに登ったことないように、大阪生まれの人は道頓堀ホテルの前の石造の正体を知らないようです。

 

心斎橋の喫茶店アメリカンへ。

f:id:ui0723:20131214130931j:plain

純喫茶、と書いてありますね。

純喫茶とは「酒類を扱わない純粋な喫茶店」のことをいいます。

酒類を扱うのは「特殊喫茶」というそうです。

勉強になりましたね。 

f:id:ui0723:20131214130901j:plain店内入ってすぐにアサヒスーパードライ

今純喫茶って言ったばかりなのに。なんなん?

純じゃないのに純喫茶。ヴァージンじゃないのにヴァージンロードみたいな感じですね。

もっと思いついてますが女性を敵にまわしそうなので自粛します。

 

ところで、なぜ純喫茶に来ているかと言うと、僕が建築物好きだからです。

f:id:ui0723:20131214130918j:plain

良い。

f:id:ui0723:20131214122142j:plain

素晴らしい。

f:id:ui0723:20131214124430j:plain

最高。

f:id:ui0723:20131214122133j:plain

50年前の施工らしいですよ、これ。

f:id:ui0723:20131214124621j:plain

店内、なかなかの混みようでしたので写真控え目ですが、とにかくこのレトロとゴージャスとサイケデリックの融合でできたミッドセンチュリー感が最高です。

床の模様、天井のタイル、椅子の水玉、カーテン、オブジェはもちろろん、店内に書かれている文字のフォントまでもがこの店の大切な演出に感じます。

f:id:ui0723:20131214121722j:plain

このコースターが欲しくて店員さんに売ってくれと言いましたが売り物ではないとのこと。

f:id:ui0723:20131214121727j:plainホットココアの生クリームをショットグラスに入れてくる店、なかなか無いのではないでしょうか。

 

純喫茶でMacAir使う人はいません。みんな文庫本です。

パンケーキもフラペチーノもありません。みんなケーキやコーヒーです。

 

仕事中にサボるような喫茶店は薄暗いほうがいいですが、友達とお茶するならパンケーキが有名なカフェよりもホットケーキがおいしい純喫茶がいいですよね。

 

「純喫茶で3時に待ち合わせ」いいじゃないですか。

「小腹に純喫茶のホットケーキ」いいじゃないですか。

「紅茶の美味しい純喫茶」いいじゃないですか。

「純喫茶でメランコリックな午後」いいじゃないですか。

 

続く。

大阪の変な所に行って来た ~ニューライトのセイロンライス~

ノンフィクションブログ【ハッピーエンドを前提として】が好評です。

ありがとうございます。

ありがたいことに僕にはツイッターでたくさんのフォロワーさんがおりまして、拡散していただいたりして、閲覧数が素人のブログでは無い数値を毎日はじき出しております。

とは言え元々文章を書く習慣が無い素人。誤字脱字を指摘されたり、文法や言い回しにあとから後悔することも多々あります。

そんなブログに対し「おもしろいです」や「更新待ってます」や「好きです」なんてありがたいリプライなんかいただくと無条件で扶養の対象として見てしまいますね。結婚しましょう。

 

プロポーズが長くなりましたが本題です。

 

本題と言うか、あっちのブログはノンフィクション、こっちのブログはブログらしいブログを書きます。訳あって分けます。大人の事情です。更新もあっちは月に1回あるかないかですが、こっちはもっと頑張ります。大人の事情なんです。察しましょう。

 

さてさて。

先日、2週間ぶりに休みが取れまして、大阪に遊びに行きました。

目的は友達と遊ぶためだったんですけど、カオスな旅になったのでそのことを書きます。

 

僕、カレーめっちゃ好きなんですよ。

1番好きな食べ物はカレー。2番はスープカレー。3番はカレーパン。好きなパンマンはカレーパンマン

そこで行ってきました。

f:id:ui0723:20131214113410j:plain

廃墟ではありません。ニューライトという現役バリバリの伝統ある定食屋さんです。

アメリカ村の外れにあります。

行こうと思って行かないとまず入らない佇まい。一見さんお断りの雰囲気は京都祇園に通ずるものを感じるとか感じないとか。

f:id:ui0723:20131214113438j:plain

お店のドア、窓はステッカー&ポスターでとてもアーティスティックな状態。どのライブに行くか迷います。

f:id:ui0723:20131214115250j:plain

かつてのショーケースの中。洋食屋さんのソレです。右のオッサンはステッカーです。目が合います。鼻、何があったんですかね。

f:id:ui0723:20131214115232j:plain

店内。ご覧くださいこの色紙の数。

数々のアーティスト、モデル、タレント。この色紙の数がこの店がいかに名店かを物語っています。

心地いい暖かさ。店の奥でストーブの上に置かれたヤカンが口から湯気を吐いていました。まだ11:00とあって僕らの他にはカウンターに1名。

f:id:ui0723:20131214114055j:plain僕が座った席の最寄には【ソールドアウト】【デフテック】元キックザカンクルーの【リトル】のサインも。そうです、ややヒップホップ寄りのお店なんです。店内のBGMもラップがメインです。

高校生の頃、ティンバーランドやDCシューズ、トリプルファイブソウルを愛用し、東京に上京してからはマンハッタンレコードのビニール袋を持って歩くことがステータスだと思っていた身としては血が騒ぎます。

極太パンツは片足まくってました。(あれ、足元にナイフや銃を隠すことが多いアメリカにおいて【俺は武器は隠してないぜメーン】っていう意思表示らしいですね)

そんな中で【井川遥】のサインがあったのは見逃さなかったですけどね。

f:id:ui0723:20131214114659j:plainこれがメニュー。比較的リーズナブル。700~800円あれば満腹です。

ビフテキ3300円が気になりますよね。

f:id:ui0723:20131214114714j:plain

こちらがセットメニュー。すさまじいボリューム。

特にCセット。海老フライ、ハンバーグ、目玉焼き、ロースハム、ライス&ラーメン。これで1100円。ますます先程のビフテキ3300円が気になります。

オムライスセットも普通は「オムライス、スープ、ドリンク、デザート」みたいなセットだと思うんですけど、オムライス&ラーメン。

この「&ラーメン」の響きが好きですね。「アンドラーメン」

f:id:ui0723:20131214114722j:plain

あの奥が厨房。

f:id:ui0723:20131214114733j:plain

注文を今か今かと待つ大将。ゴツイ腕は長年フライパンを振った職人の腕でした。

個人的には大将をサポートするお母さんと(娘さん?)のスニーカーがニューバランスであったのも非常にポイントが高いです。

そして注文したのがここの名物。セイロンライス。450円。

f:id:ui0723:20131214114045j:plain

カレーの中にご飯、真ん中に卵の黄身。

うまいんですよこれが。ちゃんとしてる。

甘いんですけど、後から後からスパイスがしっかり追いかけてきて。

真っ赤な福神漬けをポリポリしながら食べるスタイル。

このご飯の量やルーのシャバさも全て納得。絶妙なバランス。サラサラっと食べれてしまう。

「カレーは飲み物」って最初に言った人って、もしかしたらセイロンライスを食べたのかもしれないです。

450円のセイロンライスは友達が「ここは出させて」と。

450円をごちそうしていただいて。

450円。二人でも900円。ごちそうさまでした。

 

ほんとに美味しかったんですよ。とんねるずの【きたなシュラン】で三つ星を獲得したのも納得です。

ここまで書いておいてこんなこと言うのもアレですけど何なら詳細はもうYOUTUBEで観てくださいね。

 

 

続く。